カテゴリー「易経」の15件の記事

2009年9月13日 (日)

【2596】  知崇礼卑(2級)

知崇礼卑(ちすうれいひ)」

意味は、
本当の知者は知識を得れば得るほど、他人に対してはへりくだって、礼を尽くすものだということ。
知崇」は知能が高くなることで、それによって徳も高まること。
礼卑」は礼においてはへりくだるということで、それによって人に慕われるということ。

易経より出典




ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

| | コメント (0)

2009年7月26日 (日)

【2528】  革故鼎親(準1級)

革故鼎親(かくこていしん)」

意味は、
制度や慣行を廃して、新しいものに改めること。
革故」、「鼎親」ともにふるいものを改めること。
「革旧鼎新」ともいう。

易経より出典




ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓
 

Banner2_2人気ブログランキング

| | コメント (0)

2008年10月20日 (月)

【2154】 聡明叡知(準1級)

聡明叡知(そうめいえいち)」

意味は、
聖人のもつ四つの徳のこと。
転じて、生まれつき才能があり、賢くて先々まで見通せること。
物事に通暁していて、すぐれた才知があること。
」はすべてを聞き分けること。
」はすべてを見分けること。
」はすべてに通ずること。
」はすべてを知っていること。

易経(繋辞)より出典




ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

| | コメント (0)

2008年5月18日 (日)

【1937】 河図洛書(準1級)

河図洛書(かとらくしょ)」

意味は、
中国古代伝説上の図や文字の「河図」「洛書」。
河図」は伏羲の世に、黄河から現れた竜馬の背のうず巻いた毛の形を写したという図のこと。
の八卦の基になったとされる。
洛書」は夏の禹王が洪水を治めたとき、洛水という川から現れた神亀の背の文字を写したとされる図。
『書経』洪範篇のもとになったとされる。
転じて、得ることが難しい図書のたとえともなる。
「河」は黄河、「洛」は洛水という川。

易経より出典



ランキングに参加しています。
励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

| | コメント (0)

2008年1月15日 (火)

【1690】 俯察仰観(1級)

俯察仰観(ふさつぎょうかん)」

意味は、
地面をのぞき込んで、植生や地理を知り、空を仰ぎ見て天文を勉強する。
森羅万象を学ぶこと。
仰観俯察」ともいう。

易経より出典





Banner2_2←応援のクリックお願いいたします。

| | コメント (0)

2007年10月11日 (木)

【1381】 積悪余殃(1級)


積悪余殃(せきあくのよおう)」

意味は、
悪事を積み重ねた結果、その報いとしての禍が子孫にまで及ぶこと。
」はわざわい。

易経より出典

| | コメント (0)

2007年10月 9日 (火)

【1373】 井渫不食(1級)


井渫不食(せいせつふしょく)」

意味は、
澄んだ井戸水があるのに誰も汲まず、使われないということから、賢人が登用されないでいること。

易経より出典

| | コメント (0)

2007年9月11日 (火)

【1279】 衆賢茅茹(1級)


衆賢茅茹(しゅうけんぼうじょ)」

意味は、
多数の賢者が協力して仕事をすること。
賢者は自分だけが重用されるようなどというつまらない考え方はしないのだということ。
茅茹」は茅の根が絡まっている様。

易経より出典

| | コメント (0)

2007年8月13日 (月)

【1179】 亢竜有悔(1級)


亢竜有悔(こうりょうゆうかい)」

意味は、
天高く上った竜はさらに上に登ることができず、後は下に下りるばかりであるという意。
転じて、立身出世し高い身分や地位について権力を握ったら、身を十分に慎まないと思わぬ失敗で失脚する危険があるという戒め。

易経より出典

| | コメント (0)

2007年7月24日 (火)

【1111】 蹇蹇匪躬(1級)


蹇蹇匪躬(けんけんひきゅう)」

意味は、
臣下が我が身をかえりみず主君に仕えること。忠義を尽くすこと。

易経(蹇卦)「王臣蹇蹇、匪二躬之故一」より出典

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

その他 | ブログペット | ホームページ | 三国史 | 三国志 | 三国論 | 三略 | 世説新語 | 中庸 | 五灯会元 | 五等諸侯論 | 仁王経 | 任昉の文 | 侯鯖録 | 僧月性の詩 | 儀礼 | 儲光羲の詩 | 六祖壇経 | 列女伝 | 列子 | 勝王閣序 | 北史 | 北斉書 | 十八史略 | 南史 | 古今話 | 古楽府 | 史記 | 呂氏春秋 | 呂氏童蒙訓 | 呉象之 | 呉越春秋 | 周亮工の文 | 和漢朗詠集 | 四字熟語準1級 | 四字熟語1級 | 四字熟語2級 | 四字熟語3級 | 四字熟語4級 | 四字熟語5級 | 国朝漢学師承記 | 国語 | 塩鉄論 | 墨子 | 大学 | 大学章句 | 大学衍義補 | 大智度論 | 孔叢子 | 字のなりたち | 孟子・孟子の言葉 | 学問・資格 | 孫子 | 孫楚 | 宋史 | 宋書 | 宋玉の詩 | 宵光剣伝奇 | 屈原の故事 | 山陽詩鈔 | 岳陽楼記 | 帝京篇 | 帝王世紀 | 常国史談 | 平家物語 | 張衡の東京賦 | 慎思録 | 戦国策 | 抱朴子 | 拾遺記 | 揚子法言 | 揚雄趙充国頌 | 支那通史 | 文天祥の詩 | 斉藤竹堂の文 | 斎藤拙堂の文 | 新五代史 | 日本外史 | 日記・コラム・つぶやき | 旧唐書・唐書 | 易林 | 易経 | 春秋公羊伝 | 春秋左氏伝 | 昼錦堂記 | 晋書 | 晏子春秋 | 景徳伝灯録 | 書籍・雑誌 | 書経 | 曹操 | 本事詩 | 本朝文粋 | 朱子語類 | 李密 | 李白の書、詩 | 杜牧 | 杜甫 | 束晢の文 | 東観漢記 | 柳宗元の文 | 柳毅伝 | 桃花源記 | 梁書 | 梁武帝 | 梵網経 | 楊雄の文 | 楚辞 | 楞厳経 | 欧陽修 | 沈既済 | 法句経 | 海録砕事 | 淮南子 | 溥咸の文 | 漢字パズル | 漢書・後漢書 | 漢検対策 | 牘外余言 | 王維 | 王義之・蘭亭序 | 班固の文 | 琵琶記 | 瑯や代酔編 | 甘泉賦 | 申かん | 番外編 | 白孔六帖 | 白居易の詩 | 相州昼錦堂記 | 石林詩話 | 碧巌録 | 礼記 | 神仙伝 | 禅林類聚 | 禽経 | 管子 | 粧楼記 | 紅楼夢 | 続通鑑綱目 | 老子 | 芸林伐山 | 范成大の詩 | 荀子 | 荘子 | 蒙求 | 蘇軾の書、詩 | 蜀書 | 袁昴古今書評 | 西京雑記 | 西廂記 | 西遊記 | 観無量寿経 | 詩経 | 説文解字 | 説苑 | 論語 | 諺・故事・成語 | 資治通鑑 | 趣味 | 輟耕録 | 近思録 | 酔翁亭記 | 金史 | 金楼子 | 長生殿 | 閲微草堂筆記 | 陳書 | 陳林の文 | 陶潜の詩 | 陸機 | 陸游の詩 | 隋書 | 難読漢字 | 雲仙雑記 | 韓愈の文 | 韓詩外伝 | 韓非子 | 頼山陽の詩 | 顔氏家訓 | 願真卿の文 | 魏書 | 1級配当漢字