カテゴリー「漢書・後漢書」の64件の記事

2009年8月30日 (日)

【2576】  含飴弄孫(準1級)

含飴弄孫(がんいろうそん)」

意味は、
飴をなめながら、孫をあやすの意。
老人がのんびりと平和な隠居生活を送ること。

後漢書より出典







ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

| | コメント (0)

2009年8月10日 (月)

【2549】  画虎類狗(準1級)

画虎類狗(がこるいく)」

意味は、
画才のないものが、虎の絵を描こうとしても犬のようになってしまうという意。
転じて、才能のないものが手本を真似ても、似て非なるものになってしまうということ。

後漢書より出典





ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓
 

Banner2_2人気ブログランキング

| | コメント (0)

【2548】  夏侯拾芥(準1級)

夏侯拾芥(かこうしゅうかい)」

意味は、
学問を修めることは大切であるということ。
漢の夏侯勝が、学問を修めさえすれば、官職をするのは地上のごみを拾うに等しい、と言ったという故事から。

漢書より出典





ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

| | コメント (0)

2009年7月11日 (土)

【2507】  羊質虎皮(準1級)

羊質虎皮(ようしつこひ)」

意味は、
外見は立派だが、それに伴う実質がないたとえ。
実際は羊なのに、とらの皮をかぶっている意から。

後漢書より出典




ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

| | コメント (0)

2009年3月 7日 (土)

『故事・成語・諺』 412「戈」

【412】
『室に入りて(ホコ)を操る』
後漢書(鄭玄伝)

他人の部屋に入り込んで、そこの主人の持ち物の戈を取って乱暴を働く。
転じて、相手の主張する議論を逆用して攻撃すること。
また、師の論や学問を使って、却って師を攻撃すること。 






ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

| | コメント (0)

2009年1月13日 (火)

『故事・成語・諺』 369 「簣」

【369】
一簣(イッキ)を以て江河を障ぐ』
漢書(何武・王嘉・師丹伝賛)
もっこ一杯の僅かな土で大河の水を堰き止めるという意味から、
微力で戦争などを防ぐことの喩え。 





ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

| | コメント (0)

2008年12月21日 (日)

『故事・成語・諺』 355 「頤」 

【355】
『頤(オトガイ)で人を使う』
〔漢書(賈誼伝)〕威張った態度で人をこき使う。あごで使う。




ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

| | コメント (0)

2008年10月29日 (水)

『故事・成語・諺』 302「挂」 

【302】
『冠を
(カ)く 』
後漢書(逸民伝)
漢の逢萌(ほうぼう)が王莽(おうもう)に仕えることを潔しとせず、冠をとって東都の城門に挂(か)け、遼東へ去ったという故事から。
官を辞すること。
掛冠、挂冠。





ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

| | コメント (0)

2008年9月28日 (日)

『故事・成語・諺』 271「尸・裹」 

【271】
『馬革に
(シカバネ)を(ツツ)む』
後漢書(馬援伝)
戦場に赴くからには死ぬ覚悟であること。
馬援が匈奴(きようど)征伐に出撃する覚悟を述べた言葉




ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

| | コメント (0)

2008年8月11日 (月)

『故事・成語・諺』 223「籌・帷・幄」 

【223】
(ハカリゴト)を帷幄(イアク)の中(うち)に運(めぐ)らし勝つことを千里の外(ほか)に決す』
「漢書(高帝紀)」
陣営で作戦を立て、遠く離れた戦場で勝利する。
戦略の巧妙なこと。
漢の高祖が張良の軍事的才能を評した言葉。





ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

その他 | ブログペット | ホームページ | 三国史 | 三国志 | 三国論 | 三略 | 世説新語 | 中庸 | 五灯会元 | 五等諸侯論 | 仁王経 | 任昉の文 | 侯鯖録 | 僧月性の詩 | 儀礼 | 儲光羲の詩 | 六祖壇経 | 列女伝 | 列子 | 勝王閣序 | 北史 | 北斉書 | 十八史略 | 南史 | 古今話 | 古楽府 | 史記 | 呂氏春秋 | 呂氏童蒙訓 | 呉象之 | 呉越春秋 | 周亮工の文 | 和漢朗詠集 | 四字熟語準1級 | 四字熟語1級 | 四字熟語2級 | 四字熟語3級 | 四字熟語4級 | 四字熟語5級 | 国朝漢学師承記 | 国語 | 塩鉄論 | 墨子 | 大学 | 大学章句 | 大学衍義補 | 大智度論 | 孔叢子 | 字のなりたち | 孟子・孟子の言葉 | 学問・資格 | 孫子 | 孫楚 | 宋史 | 宋書 | 宋玉の詩 | 宵光剣伝奇 | 屈原の故事 | 山陽詩鈔 | 岳陽楼記 | 帝京篇 | 帝王世紀 | 常国史談 | 平家物語 | 張衡の東京賦 | 慎思録 | 戦国策 | 抱朴子 | 拾遺記 | 揚子法言 | 揚雄趙充国頌 | 支那通史 | 文天祥の詩 | 斉藤竹堂の文 | 斎藤拙堂の文 | 新五代史 | 日本外史 | 日記・コラム・つぶやき | 旧唐書・唐書 | 易林 | 易経 | 春秋公羊伝 | 春秋左氏伝 | 昼錦堂記 | 晋書 | 晏子春秋 | 景徳伝灯録 | 書籍・雑誌 | 書経 | 曹操 | 本事詩 | 本朝文粋 | 朱子語類 | 李密 | 李白の書、詩 | 杜牧 | 杜甫 | 束晢の文 | 東観漢記 | 柳宗元の文 | 柳毅伝 | 桃花源記 | 梁書 | 梁武帝 | 梵網経 | 楊雄の文 | 楚辞 | 楞厳経 | 欧陽修 | 沈既済 | 法句経 | 海録砕事 | 淮南子 | 溥咸の文 | 漢字パズル | 漢書・後漢書 | 漢検対策 | 牘外余言 | 王維 | 王義之・蘭亭序 | 班固の文 | 琵琶記 | 瑯や代酔編 | 甘泉賦 | 申かん | 番外編 | 白孔六帖 | 白居易の詩 | 相州昼錦堂記 | 石林詩話 | 碧巌録 | 礼記 | 神仙伝 | 禅林類聚 | 禽経 | 管子 | 粧楼記 | 紅楼夢 | 続通鑑綱目 | 老子 | 芸林伐山 | 范成大の詩 | 荀子 | 荘子 | 蒙求 | 蘇軾の書、詩 | 蜀書 | 袁昴古今書評 | 西京雑記 | 西廂記 | 西遊記 | 観無量寿経 | 詩経 | 説文解字 | 説苑 | 論語 | 諺・故事・成語 | 資治通鑑 | 趣味 | 輟耕録 | 近思録 | 酔翁亭記 | 金史 | 金楼子 | 長生殿 | 閲微草堂筆記 | 陳書 | 陳林の文 | 陶潜の詩 | 陸機 | 陸游の詩 | 隋書 | 難読漢字 | 雲仙雑記 | 韓愈の文 | 韓詩外伝 | 韓非子 | 頼山陽の詩 | 顔氏家訓 | 願真卿の文 | 魏書 | 1級配当漢字