カテゴリー「荘子」の40件の記事

2009年7月27日 (月)

『故事・成語・諺』 552「邯・鄲」

【552】
『魯酒薄くして
邯鄲(カンタン)囲まる』
荘子
魯が献上した酒が水っぽかったから、関わりないはずの趙の都・邯鄲が包囲される羽目に陥る。
世の中には、一見関係ないと思われるところに、因果関係があるものである。 
楚の宣王が会合を催したとき、魯が持参した酒が薄かったので宣王は怒ったが、魯は釈明もせずに帰った。
即座に、宣王は斉と共に軍を起こし魯を伐った。
それを良いことに、梁の恵王は趙を攻め、邯鄲を包囲した。








ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

| | コメント (0)

2009年7月22日 (水)

『故事・成語・諺』 547「蟷・螂・搏」

【547】
蟷螂(トウロウ)蝉を(ウ)つ』
荘子
蟷螂が蝉を捕ろうとして集中するあまり、自分に迫っている危機に気付かない。
目の前の利益ばかりに囚われて、後の災禍を考えないことの喩え。 






ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

| | コメント (0)

2009年6月25日 (木)

【2484】  巣林一枝(2級)

巣林一枝 (そうりんいっし)」

意味は、
小さい家に満足すること。
分相応の暮らしに満足すること。
不必要に他の物まで求めようとせず、分相応を守るたとえ。
鳥は木のたくさんある林に巣を作っても、自分で使うのは一本の枝だけであるという意から。
巣林」は林に巣を作ること。

荘子より出典






ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

| | コメント (0)

2009年4月27日 (月)

『故事・成語・諺』 462「雖・祝・俎」

【462】
『庖人庖を治めずと(イエド)も、尸祝(シシュク)は樽俎(ソンソ)を越えて之に代わらず』
荘子(逍遥遊)
料理番が料理しないからといって、神官が神酒の樽や供物台を踏み越えて、台所に立ってはならない。 
中国の伝説上の高士、許由が尭帝から帝位を讓ると言われたとき、それを断わって言ったとされる言葉。
庖人」が尭で、「尸祝」が許由の喩えとされる。 






ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

| | コメント (0)

2009年3月18日 (水)

『故事・成語・諺』 423「顰」

【423】
『西施の
(ヒソミ)に効う』
荘子(天運)
西施が胸を病み、苦し気な顔をしたのを、美の仕種と思い込んで里の醜女が真似たことより、
無闇に人の真似をして、世間の物笑いになること。
また、人に倣って事をする場合に、謙遜して使う。 




ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

| | コメント (0)

2009年2月15日 (日)

『故事・成語・諺』 392 「驥」

【392】
(キ)をして鼠を捕らえしむ』
荘子(秋水)
名馬に鼠を捕らせるようなことをする。
優れた人物を、つまらぬ任務に就かせること。





ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

| | コメント (0)

2009年1月21日 (水)

【2276】  氾愛兼利(準1級)

氾愛兼利(はんあいけんり)」

意味は、
人を区別なく広く愛し、互いに利益を与え合うこと。
中国戦国時代の墨子ぼの思想。
氾愛」は広くすみずみまで愛情を及ぼす意。博愛。汎愛。
兼利」は利益を共にして、広く分け合う意。
」は自他の区別をせず、広く~すること。ともに。

荘子(天下)より出典




ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

| | コメント (2)

2009年1月 5日 (月)

『故事・成語・諺』 366 「鬚」

【366】
『虎鬚(コシュ)を編む 』
荘子(盗跖)
生きている虎のひげを編む。
危険なことをあえてするたとえ。


ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

| | コメント (0)

2008年11月 6日 (木)

『故事・成語・諺』 310「沐」 

【310】
『雨に
(カミアラ)い風に櫛る』
荘子(天下)
風雨を受け苦労する。
社会の荒波にもまれて苦労する。


ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

| | コメント (0)

2008年9月30日 (火)

【2125】 西施捧心(準1級)

西施捧心(せいしほうしん)」

意味は、
病気に悩む美女の様子。
また、同じ行いでも人や場合により価値に差が生まれるたとえ。

荘子より出典




ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

その他 | ブログペット | ホームページ | 三国史 | 三国志 | 三国論 | 三略 | 世説新語 | 中庸 | 五灯会元 | 五等諸侯論 | 仁王経 | 任昉の文 | 侯鯖録 | 僧月性の詩 | 儀礼 | 儲光羲の詩 | 六祖壇経 | 列女伝 | 列子 | 勝王閣序 | 北史 | 北斉書 | 十八史略 | 南史 | 古今話 | 古楽府 | 史記 | 呂氏春秋 | 呂氏童蒙訓 | 呉象之 | 呉越春秋 | 周亮工の文 | 和漢朗詠集 | 四字熟語準1級 | 四字熟語1級 | 四字熟語2級 | 四字熟語3級 | 四字熟語4級 | 四字熟語5級 | 国朝漢学師承記 | 国語 | 塩鉄論 | 墨子 | 大学 | 大学章句 | 大学衍義補 | 大智度論 | 孔叢子 | 字のなりたち | 孟子・孟子の言葉 | 学問・資格 | 孫子 | 孫楚 | 宋史 | 宋書 | 宋玉の詩 | 宵光剣伝奇 | 屈原の故事 | 山陽詩鈔 | 岳陽楼記 | 帝京篇 | 帝王世紀 | 常国史談 | 平家物語 | 張衡の東京賦 | 慎思録 | 戦国策 | 抱朴子 | 拾遺記 | 揚子法言 | 揚雄趙充国頌 | 支那通史 | 文天祥の詩 | 斉藤竹堂の文 | 斎藤拙堂の文 | 新五代史 | 日本外史 | 日記・コラム・つぶやき | 旧唐書・唐書 | 易林 | 易経 | 春秋公羊伝 | 春秋左氏伝 | 昼錦堂記 | 晋書 | 晏子春秋 | 景徳伝灯録 | 書籍・雑誌 | 書経 | 曹操 | 本事詩 | 本朝文粋 | 朱子語類 | 李密 | 李白の書、詩 | 杜牧 | 杜甫 | 束晢の文 | 東観漢記 | 柳宗元の文 | 柳毅伝 | 桃花源記 | 梁書 | 梁武帝 | 梵網経 | 楊雄の文 | 楚辞 | 楞厳経 | 欧陽修 | 沈既済 | 法句経 | 海録砕事 | 淮南子 | 溥咸の文 | 漢字パズル | 漢書・後漢書 | 漢検対策 | 牘外余言 | 王維 | 王義之・蘭亭序 | 班固の文 | 琵琶記 | 瑯や代酔編 | 甘泉賦 | 申かん | 番外編 | 白孔六帖 | 白居易の詩 | 相州昼錦堂記 | 石林詩話 | 碧巌録 | 礼記 | 神仙伝 | 禅林類聚 | 禽経 | 管子 | 粧楼記 | 紅楼夢 | 続通鑑綱目 | 老子 | 芸林伐山 | 范成大の詩 | 荀子 | 荘子 | 蒙求 | 蘇軾の書、詩 | 蜀書 | 袁昴古今書評 | 西京雑記 | 西廂記 | 西遊記 | 観無量寿経 | 詩経 | 説文解字 | 説苑 | 論語 | 諺・故事・成語 | 資治通鑑 | 趣味 | 輟耕録 | 近思録 | 酔翁亭記 | 金史 | 金楼子 | 長生殿 | 閲微草堂筆記 | 陳書 | 陳林の文 | 陶潜の詩 | 陸機 | 陸游の詩 | 隋書 | 難読漢字 | 雲仙雑記 | 韓愈の文 | 韓詩外伝 | 韓非子 | 頼山陽の詩 | 顔氏家訓 | 願真卿の文 | 魏書 | 1級配当漢字