カテゴリー「その他」の6件の記事

2008年2月 7日 (木)

gremzの樹が大人の樹になりました

気が付いたら、今日大人の樹になっていた模様。
三角の樹です。

1回目の植樹には間に合いませんでしたが、次回植樹(アフリカのブルキナファソに今年の7月予定)の対象になるようです。

10日後にまた新しい種を蒔くことになるみたいです。
毎日3件の記事を書いているので、やはり早かったみたいです。
気ままの方はまだ葉が数枚程度。
次の種もきっと追い越してしまうでしょう。



Banner2_2←応援のクリックお願いいたします。

| | コメント (0)

2007年2月 1日 (木)

二十四節気

2月4日は立春ですので、二十四節気について少しだけ。

二十四節気
太陰太陽暦で季節を正しく示すために設けた暦上の点。一太陽年を二十四等分し、立春から交互に節気・中気を設け、それぞれに名称を与えた。例えば、1月節気を立春、1月中気を雨水、8月中気を秋分などと呼ぶ。


立春
太陽の黄経が315度に達した時、太陽暦で2月4日頃。
その前日が節分で、八十八夜・二百十日などはこの日を起点に数える。
1月節気。「春立つ」ともいう。

雨水
330度に達した時、太陽暦で2月18、9日頃。
草木の芽が出始めるという。
1月中気。

啓蟄
345度に達した時、太陽暦で3月6日頃。
また、このころ冬ごもりをしていた虫が穴から出てくることをいう。
2月節気。

春分
0度になる時をいう。春の彼岸の中日で、太陽暦で3月21日頃。
この日、太陽は天の赤道上にあり、ほぼ真東から出てほぼ真西に沈む。昼夜はほぼ同時間だが、光の屈折現象などのため、昼間のほうがやや長い。
2月中気。

清明
15度に達した時、太陽暦で4月5日頃。
万物清く陽気になる時期という意。
3月節気。

穀雨
30度に達した時、太陽暦で4月20日頃。
3月中気。春の季語。

立夏
45度に達した時、太陽暦で5月6日頃。
「夏立つ」「夏来る」ともいう。
4月節気。

小満
60度に達した時、太陽暦で5月21日頃。
4月中期。

芒種
75度に達した時、太陽暦で6月5日頃。
5月節気。

夏至
90度に達した時、太陽暦で6月22日頃。
北半球では太陽の南中高度が最も高く、昼間が最も長くなる。
5月中気。

小暑
105度に達した時、太陽暦で7月7日頃。
6月節気。

大暑
120度に達した時、太陽暦で7月23日頃。
一年中で最も暑い時期。
6月中気 。

立秋
135度に達する時、太陽暦で8月8日頃。
この日以後の暑さを残暑という。
7月節気。「秋立つ」ともいう。

処暑
150度に達した時、太陽暦の8月23日の頃。
暑さがやむの意で、朝夕しだいに冷気が加わってくる。
7月中気。

白露
165度に達した時、太陽暦で9月7日頃。
ようやく秋らしい気配が加わる。
8月節気。秋の季語。

秋分
180度に達した時、太陽暦で9月23日頃。
秋の彼岸の中日。
太陽は天の赤道上にあり、ほぼ真東から昇ってほぼ真西に沈む。昼夜はほぼ同時間。
8月中気。

寒露
195度に達した時を、太陽暦で10月8日頃。
露が冷たく感じられる時季。
9月節気。

霜降
210度に達した時、太陽暦で10月23、24日頃。
朝夕の気温が下がり、霜の降り始める頃。
9月中気。


立冬
225度に達した時、太陽暦で11月8日頃。
10月節気。「冬立つ」ともいう。

小雪
240度に達した時、太陽暦で11月23日頃。
10月中気。

大雪
255度に達した時、太陽暦で12月8日頃。
11月節気。

冬至
270度に達した時、太陽暦で12月22日頃。
北半球では太陽の南中高度が最も低く、昼間が最も短い。
11月中気。南至。

小寒
285度に達した時、太陽暦で1月6日頃。
12月節気。寒の入り。

大寒
300度に達した時、太陽暦で1月20日頃。
一年で最も寒い季節。
12月中気。

| | コメント (0)

2007年1月 7日 (日)

春の七草

今日は、五節句の一つ「人日・じんじつ」で七草粥の日ですので、
「春の七草」について。

春の七草
正月七日の七草粥に入れる若菜。
セリ・ナズナ・ゴギョウ(ハハコグサ)・ハコベラ(ハコベ)・ホトケノザ(タビラコ)・スズナ(カブ)・スズシロ(ダイコン)の七種。
新年の季語。

「七草を囃(はや)す」
七種の節句の前夜、または当日の朝、春の七草を俎(まないた)に載せ、「唐土(とうど)の鳥と日本の鳥と渡らぬ先に、七草薺(なずな)」などと唱えながら打ち囃すことをいう。
当日の朝、この菜を入れて粥を炊き七種の粥として食べる。
七草を打つ。薺打つ。新年の季語。


セリ科の多年草。
根白草。春の季語。

「芹を摘む」
願いがかなわないこと。
宮中の庭掃除の男が、芹を食する后をかいま見て思いをかけ、芹を摘んで御簾(みす)の辺りに置いたが思い通ぜず焦がれ死にしたという故事による。


アブラナ科の越年草。
バチグサ・ペンペングサともいう。
新年の季語。「薺の花」は 春の季語。

「薺を打つ」
「七草(ななくさ)を囃(はや)す」に同じ。新年の季語。


母子草
キク科の越年草。
ごぎょう(おぎょう)ともいう。
春の季語。

繁縷
ナデシコ科の越年草。
ハコベラ。アサシラゲ。
春の季語


仏の座
キク科の田平子(タビラコ)の別名。
キク科の二年草。


菘/鈴菜
カブの異名

蘿蔔/清白
ダイコンの異名

五節句についてはこちら参照ください。
http://kumi-kanjijyukugo.cocolog-nifty.com/jyukugo/2006/09/post_7f68.html



七草の写真はこちらを参照ください。

http://www.tokyo-aff.or.jp/center/chishiki/05/nanakusa/nanakusa.htm

| | コメント (0)

2006年12月31日 (日)

良いお年を

今年も残すところ数時間となりました。
皆様にとってよとしでしたか?

このブログも7月19日の
「行雲流水」から始めて、四字熟語や難読漢字などを取り上げてきました。
(この「行雲流水」の記事の時にも書きましたが、
「氷川きよし」さんの「一剣」の歌詞に出てくるんですが、
この歌で「氷川きよし」さんが、レコード大賞を取りましたね。)



多くの方々に、ご訪問いただきまして、ありがとうございました。
お役に立つことが出来ていれば、嬉しいのですが。

明日からも、マイペースで続けてまいります。
変わらず、ご訪問いたたけたら、励みになりますので宜しくお願いいたします。

新しい年が、皆様にとりましてよい年になりますよう、お祈りいたします。

| | コメント (0)

2006年11月27日 (月)

漢検合格祈願絵馬奉納?

と、言いましても、天神様(大宰府天満宮には2度お願いしましたが)にではありません。
漢検のHPに「
漢検合格祈願神社」というのが有りまして、そこに奉納したんです。
奉納した絵馬は、プリントアウトして組み立てれば飾ることもできます。

Photo 

私の絵馬です。

氏子登録をすれば簡単に奉納できます。
受験を予定されている方は、奉納されてはいかがでしょうか。

| | コメント (0)

2006年9月 9日 (土)

五節句

そういえば、
今日は九月九日
重陽の節句(菊の節句)です。
中国からつたわり、平安時代には宮中の年中行事となって、
観菊の宴が催されていたようです。

「番外編 9 秋」でも書きましたが、
陰暦九月のことを「
菊秋・菊月」というそうです。
それで、菊の節句というんでしょうね。


重陽の節句
五節句の一。陰暦九月九日に行われる節会。

他の節句
一月七日(人日・じんじつ)七草粥を食べます。
三月三日(上巳・じょうい)最初は陰暦三月最初の巳の日、
のち三月三日に。重三。桃の節句。女の子のお祭り。
五月五日(端午・たんご)
「端」は初め、「午」は「五」に通じ、
「五月初めの五日」の意。重五。こどもの日。
菖蒲湯にはいります。

七月七日(七夕・しちせき)牽牛星と織女星を祭る行事。
七夕祭り。

というわけで、
菊でも眺めて、と思いましたが、
まだ、菊が・・・
10月にならないと庭の菊は咲きません。
陰暦でいうと今日ではないのて゜、
時期的に咲いていなくて当然かも。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

その他 ブログペット ホームページ 三国史 三国志 三国論 三略 世説新語 中庸 五灯会元 五等諸侯論 仁王経 任昉の文 侯鯖録 僧月性の詩 儀礼 儲光羲の詩 六祖壇経 列女伝 列子 勝王閣序 北史 北斉書 十八史略 南史 古今話 古楽府 史記 呂氏春秋 呂氏童蒙訓 呉象之 呉越春秋 周亮工の文 和漢朗詠集 四字熟語準1級 四字熟語1級 四字熟語2級 四字熟語3級 四字熟語4級 四字熟語5級 国朝漢学師承記 国語 塩鉄論 墨子 大学 大学章句 大学衍義補 大智度論 孔叢子 字のなりたち 孟子・孟子の言葉 学問・資格 孫子 孫楚 宋史 宋書 宋玉の詩 宵光剣伝奇 屈原の故事 山陽詩鈔 岳陽楼記 帝京篇 帝王世紀 常国史談 平家物語 張衡の東京賦 慎思録 戦国策 抱朴子 拾遺記 揚子法言 揚雄趙充国頌 支那通史 文天祥の詩 斉藤竹堂の文 斎藤拙堂の文 新五代史 日本外史 日記・コラム・つぶやき 旧唐書・唐書 易林 易経 春秋公羊伝 春秋左氏伝 昼錦堂記 晋書 晏子春秋 景徳伝灯録 書籍・雑誌 書経 曹操 本事詩 本朝文粋 朱子語類 李密 李白の書、詩 杜牧 杜甫 束晢の文 東観漢記 柳宗元の文 柳毅伝 桃花源記 梁書 梁武帝 梵網経 楊雄の文 楚辞 楞厳経 欧陽修 沈既済 法句経 海録砕事 淮南子 溥咸の文 漢字パズル 漢書・後漢書 漢検対策 牘外余言 王維 王義之・蘭亭序 班固の文 琵琶記 瑯や代酔編 甘泉賦 申かん 番外編 白孔六帖 白居易の詩 相州昼錦堂記 石林詩話 碧巌録 礼記 神仙伝 禅林類聚 禽経 管子 粧楼記 紅楼夢 続通鑑綱目 老子 芸林伐山 范成大の詩 荀子 荘子 蒙求 蘇軾の書、詩 蜀書 袁昴古今書評 西京雑記 西廂記 西遊記 観無量寿経 詩経 説文解字 説苑 論語 諺・故事・成語 資治通鑑 趣味 輟耕録 近思録 酔翁亭記 金史 金楼子 長生殿 閲微草堂筆記 陳書 陳林の文 陶潜の詩 陸機 陸游の詩 隋書 難読漢字 雲仙雑記 韓愈の文 韓詩外伝 韓非子 頼山陽の詩 顔氏家訓 願真卿の文 魏書 1級配当漢字