« 『故事・成語・諺』 452「璞」 | トップページ | 【2388】  有漏無漏(準1級) »

2009年4月17日 (金)

【2387】  和光同塵(準1級)

和光同塵(わこうどうじん)」

意味は、
自分の才能や徳を隠して、世俗の中に交じってつつしみ深く、目立たないように暮らすこと。
和光」は才知の光を和らげ、隠すこと。
」はちりのこと。転じて、俗世間。
同塵」は俗世間に交じわる、合わせること。
また、仏教では、仏や菩薩ぼさつが仏教の教化を受け入れることのできない人を救うために、本来の姿を隠し変えて、人間界に現れることをいう。

老子より出典





ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 『故事・成語・諺』 452「璞」 | トップページ | 【2388】  有漏無漏(準1級) »

四字熟語準1級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

老子」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『故事・成語・諺』 452「璞」 | トップページ | 【2388】  有漏無漏(準1級) »