« 【2367】  心満意足(準1級) | トップページ | 【2368】  十年一昔(5級) »

2009年4月 2日 (木)

『故事・成語・諺』 438「脛」

【438】
『鶴の
(ハギ)も切るべからず』
鶴の足が長過ぎるからといって、少し切った方が良いなどと言うと、鶴が悲しむ。
物には全て特性があるのだから、妄りに手を加えてはいけないということ。 
老子(
駢拇)






ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 【2367】  心満意足(準1級) | トップページ | 【2368】  十年一昔(5級) »

学問・資格」カテゴリの記事

老子」カテゴリの記事

諺・故事・成語」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

1級配当漢字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【2367】  心満意足(準1級) | トップページ | 【2368】  十年一昔(5級) »