« 【2385】  節倹力行(3級) | トップページ | 【2386】  清音幽韻(2級) »

2009年4月15日 (水)

『故事・成語・諺』 451「綯」

【451】
『盗人を捕らえて縄を
(ナ)う』
事が起こってから慌てて準備をしても間に合わないということ。
時機に遅れたら用をなさないということ。
また、準備を怠って行きあたりばったりにものごとをすること。 
泥棒を見て縄を綯う、難に臨んで兵を鋳る






ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 【2385】  節倹力行(3級) | トップページ | 【2386】  清音幽韻(2級) »

学問・資格」カテゴリの記事

諺・故事・成語」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

1級配当漢字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【2385】  節倹力行(3級) | トップページ | 【2386】  清音幽韻(2級) »