« 【2294】  神算鬼謀(3級) | トップページ | 【2295】  心願成就(2級) »

2009年2月 9日 (月)

『故事・成語・諺』 386 「哭」

【386】
『岐に
(コク)して練に泣く』
淮南子(説林訓)
分かれ道は本人の意思で南にも北にも行ける、白い糸は好みによって黄色にも黒にも染められる。
人が習慣によって善人にも悪人にもなれるということを嘆くこと。
また、善悪の区別が明らかでないことを嘆くこと。 
亡羊の嘆、墨子糸に泣く。 





ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 【2294】  神算鬼謀(3級) | トップページ | 【2295】  心願成就(2級) »

学問・資格」カテゴリの記事

淮南子」カテゴリの記事

諺・故事・成語」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

1級配当漢字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【2294】  神算鬼謀(3級) | トップページ | 【2295】  心願成就(2級) »