« 【2282】  抜山蓋世(準1級) | トップページ | 『故事・成語・諺』 378 「嵌」 »

2009年2月 1日 (日)

【2283】  抜本塞源(準1級)

抜本塞源(ばっぽんそくげん)」

意味は、
災いの原因になるものを、徹底的に取り除くこと。
木の根を抜き、水源をふさぎ止める意から。
根本を忘れて道理を乱すたとえとして用いられたが、現在では前者の意に用いられることが多い。
」は木の根。
」は水源。

春秋左氏伝(昭公九年)より出典




ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 【2282】  抜山蓋世(準1級) | トップページ | 『故事・成語・諺』 378 「嵌」 »

四字熟語準1級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

春秋左氏伝」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【2282】  抜山蓋世(準1級) | トップページ | 『故事・成語・諺』 378 「嵌」 »