« 『故事・成語・諺』 384 「枳・棘・鸞」 | トップページ | 『故事・成語・諺』 385 「帚」 »

2009年2月 8日 (日)

【2293】  手舞足踏(4級)

手舞足踏(しゅぶそくとう)」

意味は、
大きな喜びなどで、気持ちが高ぶって、思わずそれが身振り手振りとなって現れること。
手舞」は手を動かして舞う、「足踏」は足を踏みならす。
ともに踊りの動き。
それによって自分の気持ちの高揚を表現することからいう。
「手の舞い足の踏ふむを知らず」の略。





ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 『故事・成語・諺』 384 「枳・棘・鸞」 | トップページ | 『故事・成語・諺』 385 「帚」 »

四字熟語4級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『故事・成語・諺』 384 「枳・棘・鸞」 | トップページ | 『故事・成語・諺』 385 「帚」 »