« 『故事・成語・諺』 402 「啖」 | トップページ | 【2318】  盲亀浮木(準1級) »

2009年2月26日 (木)

【2317】  明眸皓歯(準1級)

明眸皓歯(めいぼうこうし)」

意味は、
美女の形容。
美しく澄んだ目もとと、白く美しい歯並びの意から。
非業の死を遂げた楊貴妃をしのんで、唐の詩人杜甫が作った詩の語で、
もとは楊貴妃の美貌を形容した語。
」は瞳のこと。
」は白くきれいなこと。

曹植(洛神賦)より出典




ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 『故事・成語・諺』 402 「啖」 | トップページ | 【2318】  盲亀浮木(準1級) »

四字熟語準1級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『故事・成語・諺』 402 「啖」 | トップページ | 【2318】  盲亀浮木(準1級) »