« 【2317】  明眸皓歯(準1級) | トップページ | 『故事・成語・諺』 403 「跖」 »

2009年2月26日 (木)

【2318】  盲亀浮木(準1級)

盲亀浮木(もうきふぼく)」

意味は、
会うことが非常に難しいこと、めったにないことのたとえ。
また、人として生まれることの困難さ、そしてその人が仏、または仏の教えに会うことの難しさのたとえ。
大海中に棲すみ、百年に一度だけ水面に浮かび上がる目の見えない亀かめが、漂っている浮木のたった一つの穴に入ろうとするが、容易に入ることができないという寓話による。

雑阿含経より出典




ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 【2317】  明眸皓歯(準1級) | トップページ | 『故事・成語・諺』 403 「跖」 »

四字熟語準1級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【2317】  明眸皓歯(準1級) | トップページ | 『故事・成語・諺』 403 「跖」 »