« 【2289】  不失正鵠(準1級) | トップページ | 『故事・成語・諺』 383 「驥」 »

2009年2月 6日 (金)

【2290】  焚琴煮鶴(準1級)

焚琴煮鶴(ふんきんしゃかく)」

意味は、
琴を焼いてつるを煮る意で、殺風景なこと。
また、風流心のないことのたとえ。
」は焼く意。

義山雑纂より出典




ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 【2289】  不失正鵠(準1級) | トップページ | 『故事・成語・諺』 383 「驥」 »

四字熟語準1級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【2289】  不失正鵠(準1級) | トップページ | 『故事・成語・諺』 383 「驥」 »