« 『故事・成語・諺』 387 「蚯・蚓」 | トップページ | 【2297】  輪廻転生(準1級) »

2009年2月11日 (水)

【2296】  舞文弄法(準1級)

舞文弄法(ぶぶんろうほう)」

意味は、
法の条文を都合のいいように解釈して、乱用すること。
」「」はともに、もてあそぶ、思うように解釈する意。

史記(貨殖伝)より出典



ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 『故事・成語・諺』 387 「蚯・蚓」 | トップページ | 【2297】  輪廻転生(準1級) »

史記」カテゴリの記事

四字熟語準1級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『故事・成語・諺』 387 「蚯・蚓」 | トップページ | 【2297】  輪廻転生(準1級) »