« 【2264】  至公至平(5級) | トップページ | 【2265】  失笑噴飯(4級) »

2009年1月 1日 (木)

『故事・成語・諺』 364 「袂・縋」 

【364】
(タモト)に(スガ)る』
去ろうとする人の袂を捉(とら)えて引き留める。重ねて懇願したり、哀れみを請うことにいう。


新年明けましておめでとうございます。
今まで受験できませんでしたが、年内には受験したいと考えています。
そのためにも今年は、身を入れて勉強しないといけないかな・・・





ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 【2264】  至公至平(5級) | トップページ | 【2265】  失笑噴飯(4級) »

学問・資格」カテゴリの記事

諺・故事・成語」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

1級配当漢字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【2264】  至公至平(5級) | トップページ | 【2265】  失笑噴飯(4級) »