« 【2271】  師資相承(5級) | トップページ | 【2272】  七珍万宝(4級) »

2009年1月13日 (火)

『故事・成語・諺』 369 「簣」

【369】
一簣(イッキ)を以て江河を障ぐ』
漢書(何武・王嘉・師丹伝賛)
もっこ一杯の僅かな土で大河の水を堰き止めるという意味から、
微力で戦争などを防ぐことの喩え。 





ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 【2271】  師資相承(5級) | トップページ | 【2272】  七珍万宝(4級) »

学問・資格」カテゴリの記事

漢書・後漢書」カテゴリの記事

諺・故事・成語」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

1級配当漢字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【2271】  師資相承(5級) | トップページ | 【2272】  七珍万宝(4級) »