« 【2215】  愁苦辛勤(2級) | トップページ | 【2216】  轍鮒之急(準1級) »

2008年12月 3日 (水)

『故事・成語・諺』 337 「沐」 

【337】
『新たに
(モク)する者は必ず冠を弾く』
楚辞(漁父)
髪を洗いたての者は冠をかぶる際、必ず塵(ちり)を払ってから用いる意から。
自らを潔白に保とうとする者は、外から汚されることを恐れる






ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 【2215】  愁苦辛勤(2級) | トップページ | 【2216】  轍鮒之急(準1級) »

学問・資格」カテゴリの記事

楚辞」カテゴリの記事

諺・故事・成語」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

1級配当漢字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【2215】  愁苦辛勤(2級) | トップページ | 【2216】  轍鮒之急(準1級) »