« 【2240】  稲麻竹葦(準1級) | トップページ | 『故事・成語・諺』 348 「焉」  »

2008年12月14日 (日)

【2241】  兎死狗烹(準1級)

兎死狗烹(としくほう)」

意味は、
うさぎが死んでしまえば、それを捕らえるのに用いられた猟犬は不必要となって、煮て食べられてしまう意。
戦時に活躍した武将は、ひとたび太平の世となると、用なしとして殺されてしまうことをたとえた言葉。
また、後に広く、利用価値があるときだけ用いられ、無用になると捨てられてしまうことのたとえ





ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 【2240】  稲麻竹葦(準1級) | トップページ | 『故事・成語・諺』 348 「焉」  »

四字熟語準1級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【2240】  稲麻竹葦(準1級) | トップページ | 『故事・成語・諺』 348 「焉」  »