« 『故事・成語・諺』 321「枳」  | トップページ | 『故事・成語・諺』 322「枉」  »

2008年11月18日 (火)

【2194】  紫電清霜(2級)

紫電清霜(しでんせいそう)」

意味は、
紫のいなずまのように光り輝き、清く白い霜のように、きりっとひきしまっていること。
鋭く光り輝く武器のいかめしさの形容。また、人がすぐれて光り輝き、節操の堅い形容。
紫電」は紫のいなずま。研ぎ澄まされた武器の輝きの形容。また、すぐれて輝く形容。
清霜」は清らかにきりっとひきしまったものの形容。


ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 『故事・成語・諺』 321「枳」  | トップページ | 『故事・成語・諺』 322「枉」  »

四字熟語2級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『故事・成語・諺』 321「枳」  | トップページ | 『故事・成語・諺』 322「枉」  »