« 『故事・成語・諺』 317「枉」  | トップページ | 【2189】  朝秦暮楚(準1級) »

2008年11月14日 (金)

【2188】  竹頭木屑(準1級)

竹頭木屑(ちくとうぼくせつ)」

意味は、
役に立たないもののたとえ。また、細かなもののたとえ。
転じて、つまらないものでも、何かで役に立つかもしれないから粗末にしないこと。
廃物利用すること。
竹頭」は竹の切れはし。
木屑」は木のくず。



ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 『故事・成語・諺』 317「枉」  | トップページ | 【2189】  朝秦暮楚(準1級) »

四字熟語準1級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『故事・成語・諺』 317「枉」  | トップページ | 【2189】  朝秦暮楚(準1級) »