« 【2138】 桟雲峡雨(2級) | トップページ | 【2139】 桟雲峡雨(準1級) »

2008年10月 9日 (木)

『故事・成語・諺』 282「嗅」 

【282】
『見る目
(カ)ぐ鼻』
世間の耳目のうるさいことをたとえていう語。
地獄の閻魔の庁にあるという、男女の頭を上に載せた幢(はたほこ)。
よく亡者の善悪を判別するという。





ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 【2138】 桟雲峡雨(2級) | トップページ | 【2139】 桟雲峡雨(準1級) »

学問・資格」カテゴリの記事

諺・故事・成語」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

1級配当漢字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【2138】 桟雲峡雨(2級) | トップページ | 【2139】 桟雲峡雨(準1級) »