« 『故事・成語・諺』 273「嶄」  | トップページ | 【2128】 金口木舌(5級) »

2008年10月 1日 (水)

【2127】 挙足軽重(5級)

挙足軽重(きょそくけいちょう)」

意味は、
ある人のわずかな挙動が全体に影響を及ぼすたとえ。
小さな動きが全体に大きな影響を及ぼすたとえ。
二つの勢力の間にあって第三者が左右どちらかに少し足を挙げて踏み出せば成り行きが決まってしまう意から。
挙足」は足を挙げて一歩踏み出す。
軽重」は軽いか重いかが決まる、重大なこととそうでないことが決まる、事の成り行きが決する意。





ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 『故事・成語・諺』 273「嶄」  | トップページ | 【2128】 金口木舌(5級) »

四字熟語5級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『故事・成語・諺』 273「嶄」  | トップページ | 【2128】 金口木舌(5級) »