« 『故事・成語・諺』 260「喘」  | トップページ | 『故事・成語・諺』 261「贄」  »

2008年9月18日 (木)

【2109】 巧言乱徳(3級)

巧言乱徳(こうげんらんとく)」

意味は、
巧みに飾った言葉は、人を惑わして徳の妨げになること。
口先ばかりで誠意がないと、結局信頼をなくして徳を乱すもととなり、ひいては他人の徳も傷つけることになるという意から。





ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 『故事・成語・諺』 260「喘」  | トップページ | 『故事・成語・諺』 261「贄」  »

四字熟語3級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『故事・成語・諺』 260「喘」  | トップページ | 『故事・成語・諺』 261「贄」  »