« 『故事・成語・諺』 256「咄」  | トップページ | 『故事・成語・諺』 257「疝」  »

2008年9月14日 (日)

【2103】 鼓腹撃壌(2級)

鼓腹撃壌(こふくげきじょう)」

意味は、
太平の世の形容。
太平で安楽な生活を喜び楽しむさま。
善政が行われ、人々が平和な生活を送るさま。
満腹で腹つづみをうち、足で地面をたたいて拍子をとる意から。
鼓腹」は腹つづみをうつこと。
」は土・地面。
撃壌」は地面をたたいて拍子をとること。
一説に木製の履物を遠くから投げて当てる遊びの名ともいう。





ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 『故事・成語・諺』 256「咄」  | トップページ | 『故事・成語・諺』 257「疝」  »

四字熟語2級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『故事・成語・諺』 256「咄」  | トップページ | 『故事・成語・諺』 257「疝」  »