« 『故事・成語・諺』 232「牆」  | トップページ | 【2070】 終南捷径(準1級) »

2008年8月21日 (木)

【2069】 周章狼狽(準1級)

周章狼狽(しゅうしょうろうばい)」

意味は、
大いにあわてること。
非常にあわてうろたえること。
周章」「狼狽」はともにあわてる意。
」「」はともに伝説上の獣で、狼は前足が長くて後足が極端に短く、狽は前足が極端に短くて後足が長い。
狽が狼の後ろに乗るようにして二頭は常に一緒に行動するとされ、離れると動けず倒れてしまうことから、うまくいかない意、
あわてふためく意に用いる。
周章」に「狼狽」を添えて意味を強調する。





ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 『故事・成語・諺』 232「牆」  | トップページ | 【2070】 終南捷径(準1級) »

四字熟語準1級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『故事・成語・諺』 232「牆」  | トップページ | 【2070】 終南捷径(準1級) »