« 『故事・成語・諺』 242「嫂」  | トップページ | 【2084】 出藍之誉(準1級) »

2008年8月31日 (日)

【2083】 首鼠両端(準1級)

首鼠両端(しゅそりょうたん)」

意味は、
ぐずぐずして、どちらか一方に決めかねているたとえ。
また、形勢をうかがい、心を決めかねているたとえ。
日和見。
穴から首だけ出したねずみが外をうかがって、両側をきょろきょろ見回している意から。「
首鼠」は「首施」に同じで、躊躇するさまともいう。
両端」はふた心の意。





ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 『故事・成語・諺』 242「嫂」  | トップページ | 【2084】 出藍之誉(準1級) »

四字熟語準1級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『故事・成語・諺』 242「嫂」  | トップページ | 【2084】 出藍之誉(準1級) »