« 【2000】 玄裳縞衣(準1級) | トップページ | 『故事・成語・諺』 183「蹊」  »

2008年7月 2日 (水)

【2001】 膏火自煎(準1級)

膏火自煎(こうかじせん)」

意味は、
財産や才能などがあることで、かえって災いを招くたとえ。
あぶらの火は燃やすと明るくなり、その力を発揮するが、そのために自らを焼いて燃え尽きてしまう意から。
」はあぶら。

荘子より出典

ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 【2000】 玄裳縞衣(準1級) | トップページ | 『故事・成語・諺』 183「蹊」  »

四字熟語準1級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

荘子」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
グローリー改め、たかさん。

もう一つブログをはじめたので、
なかなか勉強が進んでいません。
でも、地道にやっております。
今後も宜しくお願いします~!

投稿: KUM I | 2008年7月 2日 (水) 午後 08時15分

グローリー改め、たかです。
フレーフレーKumi!

投稿: たか | 2008年7月 2日 (水) 午後 05時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【2000】 玄裳縞衣(準1級) | トップページ | 『故事・成語・諺』 183「蹊」  »