« 『故事・成語・諺』 190「璧」  | トップページ | 『故事・成語・諺』 191「屏」  »

2008年7月10日 (木)

【2012】 挙棋不定(3級)

挙棋不定(きょきふてい)」

意味は、
物事を行うのに一定の方針がないまま、その場その場で適当に処理するたとえ。
また、物事を行うのになかなか決断できないことのたとえ。
本来は、碁石を手に持ち上げたものの、打つところがなかなか決まらない意。
挙棋」は碁石をつまみ上げること。



ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 『故事・成語・諺』 190「璧」  | トップページ | 『故事・成語・諺』 191「屏」  »

四字熟語3級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『故事・成語・諺』 190「璧」  | トップページ | 『故事・成語・諺』 191「屏」  »