« 『故事・成語・諺』 182「仞・簣・虧」  | トップページ | 【2001】 膏火自煎(準1級) »

2008年7月 2日 (水)

【2000】 玄裳縞衣(準1級)

玄裳縞衣(げんしょうこうい)」

意味は、
つるの姿の形容。
転じて、つるの異名。
黒のはかまと白い上着の意から。
」は黒の意。
」はもすそ・したばかま。
」は白の意。また、白ぎぬの意。
」はころも・上着。

蘇軾より出典


この熟語で2000語目になりました。
ココまで続けてこれたのも、皆様の御蔭と、
心よりお礼申し上げます。
これからも、宜しくお願いいたします。



ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 『故事・成語・諺』 182「仞・簣・虧」  | トップページ | 【2001】 膏火自煎(準1級) »

四字熟語準1級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

蘇軾の書、詩」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

KUMIが形容するの?

投稿: BlogPetのクークー | 2008年7月 2日 (水) 午前 08時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『故事・成語・諺』 182「仞・簣・虧」  | トップページ | 【2001】 膏火自煎(準1級) »