« 【2012】 挙棋不定(3級) | トップページ | 【2013】 興味索然(2級) »

2008年7月10日 (木)

『故事・成語・諺』 191「屏」 

【191】
『人と
屏風(ビョウブ)は直ぐでは立たず』
人間、世の中をわたっていくためには、ある程度意志をまげて妥協しなければならない、ということ。
直ぐとはまっすぐのこと。
屏風はまっすぐにしたのでは、ぱたりと倒れてしまうが、少しまげてやれば立つ。
人間の生き方も同様であるということ。
人間もあまりまっすぐで、自分の意志をまげることを知らないと、世の中とのまさつが大きく、いつか倒れてしまうことにもなりかねない。


ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 【2012】 挙棋不定(3級) | トップページ | 【2013】 興味索然(2級) »

学問・資格」カテゴリの記事

諺・故事・成語」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

1級配当漢字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【2012】 挙棋不定(3級) | トップページ | 【2013】 興味索然(2級) »