« 【2027】 採菓汲水(準1級) | トップページ | 『故事・成語・諺』 203「簀」  »

2008年7月22日 (火)

【2028】 沙中偶語(準1級)

沙中偶語(さちゅうのぐうご)」

意味は、
臣下が謀反を企てる談合をすること。
人気のない砂地に集まり、額を突き合わせて相談する意から。
沙中」は砂の中、人のいない砂地の中。
偶語」は向かい合って語る、相談する。対話。




ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 【2027】 採菓汲水(準1級) | トップページ | 『故事・成語・諺』 203「簀」  »

四字熟語準1級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【2027】 採菓汲水(準1級) | トップページ | 『故事・成語・諺』 203「簀」  »