« 『故事・成語・諺』 172「刮」  | トップページ | 【1987】 賢明愚昧(準1級) »

2008年6月22日 (日)

【1986】 牽衣頓足(準1級)

牽衣頓足(けんいとんそく)」

意味は、
非常につらい別れを惜しむことの形容。
もと出征する兵士の家族が、兵士の服にすがり引き留め、足をばたばたさせて別れを悲しむ意から。
」は服にすがり引っぱること。
」は足をばたばたさせる。
地団駄をふむ。

杜甫より出典




ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 『故事・成語・諺』 172「刮」  | トップページ | 【1987】 賢明愚昧(準1級) »

四字熟語準1級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

杜甫」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『故事・成語・諺』 172「刮」  | トップページ | 【1987】 賢明愚昧(準1級) »