« 『故事・成語・諺』 154「籃」  | トップページ | 『故事・成語・諺』 155「鯢」  »

2008年6月 4日 (水)

【1962】 鉛刀一割(4級)

鉛刀一割(えんとういっかつ)」

意味は、
鉛でできた切れ味の悪い刀でも、一度は物を断ち切ることができる意から、凡庸な人でも時には力を発揮できるときがあるたとえ。
多くは自分の微力を謙遜していう語。
また、一度用いると二度と使えないことから、一度しか使えず二度と役に立たないことのたとえ。

ランキングに参加しています。

励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 『故事・成語・諺』 154「籃」  | トップページ | 『故事・成語・諺』 155「鯢」  »

四字熟語4級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『故事・成語・諺』 154「籃」  | トップページ | 『故事・成語・諺』 155「鯢」  »