« 『故事・成語・諺』 137「脛」  | トップページ | 【1938】 干将莫邪(準1級) »

2008年5月18日 (日)

【1937】 河図洛書(準1級)

河図洛書(かとらくしょ)」

意味は、
中国古代伝説上の図や文字の「河図」「洛書」。
河図」は伏羲の世に、黄河から現れた竜馬の背のうず巻いた毛の形を写したという図のこと。
の八卦の基になったとされる。
洛書」は夏の禹王が洪水を治めたとき、洛水という川から現れた神亀の背の文字を写したとされる図。
『書経』洪範篇のもとになったとされる。
転じて、得ることが難しい図書のたとえともなる。
「河」は黄河、「洛」は洛水という川。

易経より出典



ランキングに参加しています。
励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 『故事・成語・諺』 137「脛」  | トップページ | 【1938】 干将莫邪(準1級) »

四字熟語準1級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

易経」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『故事・成語・諺』 137「脛」  | トップページ | 【1938】 干将莫邪(準1級) »