« 【1951】 鳩首凝議(準1級) | トップページ | 『故事・成語・諺』 148「榻・鼾」  »

2008年5月28日 (水)

【1952】 九鼎大呂(準1級)

九鼎大呂(きゅうていたいりょ)」

意味は、
貴重な物や重要な地位や名声などのたとえ。
九鼎」は夏王朝の開祖禹王が九つの州(中国全土)から献上させた銅で作った鼎。
それ以来、天子の宝・象徴として伝えられた。
」は三本足の釜。
いけにえの調理具として、また祭器として用いられた。
大呂」は周王朝の大廟に供えた大きな鐘のこと。
ともにこのうえなく貴重なもののたとえ

史記より出典

ランキングに参加しています。
励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 【1951】 鳩首凝議(準1級) | トップページ | 『故事・成語・諺』 148「榻・鼾」  »

史記」カテゴリの記事

四字熟語準1級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【1951】 鳩首凝議(準1級) | トップページ | 『故事・成語・諺』 148「榻・鼾」  »