« 【1930】 怨親平等(準1級) | トップページ | 『故事・成語・諺』 133「鰒」  »

2008年5月13日 (火)

【1931】 廓然大公(準1級)

廓然大公(かくぜんたいこう )」

意味は、
心が何のわだかまりもなくからっと広く、少しの偏りもないこと。
君子が学ぶべき聖人の心をいう語。
また、聖人の心を学ぶ者の心構えをいう語。
廓然」は心がからりと広いさま。
大公」は大いに公平で私心のないこと。「」は「」とも書く。




ランキングに参加しています。
励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 【1930】 怨親平等(準1級) | トップページ | 『故事・成語・諺』 133「鰒」  »

四字熟語準1級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【1930】 怨親平等(準1級) | トップページ | 『故事・成語・諺』 133「鰒」  »