« 【1922】 寡頭政治(2級) | トップページ | 【1923】 雲竜井蛙(準1級) »

2008年5月 7日 (水)

『故事・成語・諺』 127「鰮」 

【127】
『鯛の尾より
(イワシ)の頭(あたま) 』
大きい団体で低い地位に甘んじているよりも、小さい団体でもその長となる方がよい。
鶏口(けいこう)となるも牛後(ぎゆうご)となるなかれ。

(イワシ)の頭も信心から  』
イワシの頭のようにとるにたらないものでも、信ずる気持ちがあれば尊いものに見える。信仰心の不思議さをたとえた語。






ランキングに参加しています。
励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 【1922】 寡頭政治(2級) | トップページ | 【1923】 雲竜井蛙(準1級) »

学問・資格」カテゴリの記事

諺・故事・成語」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

1級配当漢字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【1922】 寡頭政治(2級) | トップページ | 【1923】 雲竜井蛙(準1級) »