« 【1881】 開眼供養(2級) | トップページ | 【1882】 一種一瓶(準1級) »

2008年4月 7日 (月)

『故事・成語・諺』 97「弩」 

【97】
彊弩(キョウド)の末(すえ)魯縞(ろこう)に入(い)る(=を穿(うが)つ)能(あた)わず』
漢書(韓安国伝)
強い弩(いしゆみ)で射た矢も、遠い先では勢いが弱まり、魯国に産する薄絹をつらぬくことさえできない、の意。
英雄も衰えては、何事もなし得ないたとえ。
強弩の末。


ランキングに参加しています。
励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 【1881】 開眼供養(2級) | トップページ | 【1882】 一種一瓶(準1級) »

学問・資格」カテゴリの記事

漢書・後漢書」カテゴリの記事

諺・故事・成語」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

1級配当漢字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【1881】 開眼供養(2級) | トップページ | 【1882】 一種一瓶(準1級) »