« 【1894】 円転滑脱(3級) | トップページ | 【1894】 灰心喪気(2級) »

2008年4月16日 (水)

『故事・成語・諺』 106「瀾」 

【106】
狂瀾(キョウラン)を既倒(きとう)に廻(めぐ)らす 』
韓愈「進学解」による。
砕けかけた大波をもとへ押し返す意、すっかり悪くなった形勢を、再びもとに回復させる。
敗勢を挽回(ばんかい)する。
回瀾を既倒に反(かえ)す。
狂瀾を既倒に反(かえ)す。
回瀾。


 

ランキングに参加しています。
励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 【1894】 円転滑脱(3級) | トップページ | 【1894】 灰心喪気(2級) »

学問・資格」カテゴリの記事

諺・故事・成語」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

韓愈の文」カテゴリの記事

1級配当漢字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【1894】 円転滑脱(3級) | トップページ | 【1894】 灰心喪気(2級) »