« 【1889】 一世之雄(準1級) | トップページ | 『故事・成語・諺』 103「顰」  »

2008年4月13日 (日)

【1890】 一世木鐸(準1級)

一世木鐸(いっせいぼくたく)」

意味は、
昔、中国では法律などを人々に知らせるときに鳴らした木の舌のある鈴を「木鐸」と言った。
転じて、木鐸は世の人々を教え導くこと。
当世の指導者の例え。

論語より出典



ランキングに参加しています。
励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 【1889】 一世之雄(準1級) | トップページ | 『故事・成語・諺』 103「顰」  »

四字熟語準1級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

論語」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【1889】 一世之雄(準1級) | トップページ | 『故事・成語・諺』 103「顰」  »