« 【1895】 一筆勾消(準1級) | トップページ | 『故事・成語・諺』 108「蕭・牆」  »

2008年4月18日 (金)

【1896】 乙夜之覧(準1級)

乙夜之覧(いつやのらん)」

意味は、
中国、唐の文宗が政務多忙なため、乙夜に読書したことから、
天子が読書すること。



ランキングに参加しています。
励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04
  ↓

Banner2_2人気ブログランキング

|

« 【1895】 一筆勾消(準1級) | トップページ | 『故事・成語・諺』 108「蕭・牆」  »

四字熟語準1級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【1895】 一筆勾消(準1級) | トップページ | 『故事・成語・諺』 108「蕭・牆」  »