« 【1839】 英俊豪傑(2級) | トップページ | 【1840】 一望千頃(準1級) »

2008年3月 8日 (土)

『故事・成語・諺』 67「絮」 

【67】
柳絮(リョウジョ)の才 』
晋の謝安が雪を何に似るかときいた時、姪(めい)の謝道(どううん)が「未レ若柳絮因レ風起」と答えたところから〕非凡な才女のこと。
「柳絮」は白い綿毛をもった柳の種子。
また、それが雪のように散るさま。




ランキングに参加しています。
励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04

  ↓
Banner2_2人気ブログランキング

|

« 【1839】 英俊豪傑(2級) | トップページ | 【1840】 一望千頃(準1級) »

学問・資格」カテゴリの記事

諺・故事・成語」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

1級配当漢字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【1839】 英俊豪傑(2級) | トップページ | 【1840】 一望千頃(準1級) »