« 【1846】 往生素懐(2級) | トップページ | 【1847】 一飯之恩(準1級) »

2008年3月13日 (木)

『故事・成語・諺』 72「騏・驥・跼・躅」 

【72】
騏驥(キキ)の跼躅(キョクチョク)は駑馬(どば)の安歩(あんぽ)に如(し)かず』
史記(淮陰侯伝)。
千里を走る名馬もぐずぐずしていては、静かに歩み続けるつまらぬ馬にも及ばない。
才能があっても努力しなければ、着実に努力する凡人に劣るということ。



ランキングに参加しています。
励みになりますので、1日1回の応援のクリック宜しくお願いいたしますheart04

  ↓
Banner2_2人気ブログランキング

|

« 【1846】 往生素懐(2級) | トップページ | 【1847】 一飯之恩(準1級) »

史記」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

諺・故事・成語」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

1級配当漢字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【1846】 往生素懐(2級) | トップページ | 【1847】 一飯之恩(準1級) »