« 【1763】 一虚一実(3級) | トップページ | 【1765】 満目蕭条(1級) »

2008年2月 6日 (水)

【1764】 摩頂放踵(1級)

摩頂放踵(まちょうほうしょう)」

意味は、
頭の先から足のかかとまですり減らすほど、自分を顧みず、他人のために努力すること。孟子もうしが墨子ぼくしを評した語。
」はすり減らす意。
」は頭のこと。
」はいたる、とどく意。

孟子より出典


Banner2_2←応援のクリックお願いいたします。

|

« 【1763】 一虚一実(3級) | トップページ | 【1765】 満目蕭条(1級) »

四字熟語1級」カテゴリの記事

孟子・孟子の言葉」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【1763】 一虚一実(3級) | トップページ | 【1765】 満目蕭条(1級) »