« 【1734】 抱関撃柝(1級) | トップページ | 【1736】 二股膏薬(準1級) »

2008年1月29日 (火)

【1735】 伏竜鳳雛(準1級)

伏竜鳳雛(ふくりょうほうすう)」

意味は、
才能がありながら機会に恵まれず、力を発揮できない者のたとえ。
機会を得ず、まだ世に隠れているすぐれた人物のたとえ。
また、将来が期待される若者のたとえとしても用いる。
伏竜」は伏し隠れている竜ことで、諸葛孔明、「鳳雛」は鳳おおとりのひなで、ほう士元を指す。
」は想像上の瑞鳥、鳳凰のこと。

三国志より出典



Banner2_2←応援のクリックお願いいたします。

|

« 【1734】 抱関撃柝(1級) | トップページ | 【1736】 二股膏薬(準1級) »

三国志」カテゴリの記事

四字熟語準1級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【1734】 抱関撃柝(1級) | トップページ | 【1736】 二股膏薬(準1級) »