« 【1685】 磨穿鉄硯(準1級) | トップページ | 【1687】 伏寇在側(1級) »

2008年1月14日 (月)

【1686】 俯仰之間(1級)

俯仰之間(ふぎょうのかん)」

意味は、
頭を垂れ、また上を向く間の僅かな時間。
東晋の書家王義之の言葉。
俛仰之間」ともかく。

漢書より出典




Banner2_2応援のクリックお願いいたします。

|

« 【1685】 磨穿鉄硯(準1級) | トップページ | 【1687】 伏寇在側(1級) »

四字熟語1級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

漢書・後漢書」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【1685】 磨穿鉄硯(準1級) | トップページ | 【1687】 伏寇在側(1級) »