« 四字熟語の壁紙を作りました | トップページ | 【1650】 筆耕硯田(準1級) »

2008年1月 3日 (木)

「番外編 31」 餅

三が日でお餅を沢山食べられたのでないでしょうか?
で、今日は「」のつく言葉を。

愛敬の餅(あいきょうのもち)
古く、婚礼から三日目の夜に、夫婦が祝いの餅を食べること。
また、その餅。
みかよのもち。


開いた口へ餅
思いがけない幸運が訪れることのたとえ。
棚からぼたもち。


戴き餅(いただきもち)
しんこの餅を丸め、上をくぼめてあずきの餡をのせたもの。
四月八日、灌仏会に作る。
いただき。

栄耀に餅(の皮を剥く
ぜいたくになれて、餅の皮まで剥いて食べる。
この上ないぜいたくのたとえ。
栄耀の餅の皮。

画餅(がべい)
絵にかいた餅の意。
何の役にも立たないもののたとえ。

画餅に帰す
計画などが失敗に終わり、無駄骨折りになる。

木に餅がなる
実際にありえないこと、話がうますぎることのたとえ。

草餅の節句
草餅をひな壇に供えることから、三月三日の節句。

大食上戸餅食らい
大食いしたうえ大酒を飲み、さらに餅までも食べること。




30日からの5日間、番外編等でお付き合いいただきましたが、明日から通常の更新ペースにもどりますので、宜しくお願いいたします。

|

« 四字熟語の壁紙を作りました | トップページ | 【1650】 筆耕硯田(準1級) »

学問・資格」カテゴリの記事

番外編」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 四字熟語の壁紙を作りました | トップページ | 【1650】 筆耕硯田(準1級) »