« 【1683】 不羈之才(1級) | トップページ | 【1685】 磨穿鉄硯(準1級) »

2008年1月14日 (月)

【1684】 煩悩菩提(準1級)

煩悩菩提(ぼんのうぼだい)」

意味は、
悟りの障害となる人間の迷いの煩悩も、そのまま悟りにつながるきっかけとなること。
悟りも悟りの実現を妨げる煩悩も、永久不変の真如の現れであり、人間の本性であるから、本来別のものでなく、二つは一体であるということ。
また、迷いがあって初めて悟りもあるという意。
大乗仏教の言葉。
煩悩」は心身を悩ます欲情の心の働きの意。
菩提」は一切の迷いのない悟りに至る境地の意。
煩悩即菩提」の略。

六祖壇経より出典




Banner2_2応援のクリックお願いいたします。

|

« 【1683】 不羈之才(1級) | トップページ | 【1685】 磨穿鉄硯(準1級) »

六祖壇経」カテゴリの記事

四字熟語準1級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【1683】 不羈之才(1級) | トップページ | 【1685】 磨穿鉄硯(準1級) »