« 【1649】 靡衣(女+兪)食(1級) | トップページ | 「番外編 29」 晦 »

2007年12月30日 (日)

字のなりたち5 -偽-

今年も既に発表されましたが、今年を表す漢字。
」でしたね。
なんとなく誰もが納得する字ではないでしょうか。

わたしが以前勤めていた会社の子会社も、試験データを改竄していたとかで、関係省庁において記者会見をしていました。
責任は既に退職した元社員に押し付けているような感じ・・・

食べ物だけではなくいろんなところで、偽装が行われていた1年。
来年は清く正しく行きたいものですね。

ということで「字のなりたち」の記事は1年ぶりですが、
」を取り上げたいと思います。

音読みは「ギ」
訓読みは「いつわ(る)、にせ」

旧字体は「僞」。
「イ」(人偏、ひと)と「爲」(い、手を加えて、ことさらに物をつくる意をあらわす。)
そこから、「いつわる」「だます」意味に使う。

意味
①いつわる。だます。本物に見せかける。
「偽証」「偽善」「詐偽」

②にせ。にせもの。いつわり。うそ。

「偽名」「虚偽」「偽札」「偽物」


使い分け
Ⅰギ 「

・・・「真」の対。
本当のもののように思わせる。イツワル。

「偽善」「偽造」「偽証」
・・・うそを言って迷わせる。アザムク。
「詐欺」「欺瞞」

Ⅱいつわる 「

・・・本当でないことを言う。

「病気と偽る」「偽らざる告白」
・・・本当だと思わせる。
「申告を偽る」「氏名を偽って申し込む」

|

« 【1649】 靡衣(女+兪)食(1級) | トップページ | 「番外編 29」 晦 »

字のなりたち」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

url:http://shoukei.blog65.fc2.com/

投稿: sachio43 | 2010年5月11日 (火) 午後 10時32分

はじめまして
独自に漢字を解読して紹介しています。
ご意見ご感想が頂ければ幸いです。

投稿: sachio43 | 2010年5月11日 (火) 午後 10時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【1649】 靡衣(女+兪)食(1級) | トップページ | 「番外編 29」 晦 »