« 【1417】 大逆無道(5級) | トップページ | 【1419】 瞻望咨嗟(1級) »

2007年10月22日 (月)

【1418】 吮疽之仁(1級)


吮疽之仁(せんそのじん)」

意味は、
戦国時代の武将呉起が、腫れ物に苦しむ部下の姿を見て、その血や膿を吸い取ったという故事から、上に立つものが、下のものを手厚くいたわること。

史記より出典

|

« 【1417】 大逆無道(5級) | トップページ | 【1419】 瞻望咨嗟(1級) »

史記」カテゴリの記事

四字熟語1級」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【1417】 大逆無道(5級) | トップページ | 【1419】 瞻望咨嗟(1級) »